オンリーワン「ものづくりの丘」

21世紀のモデル都市として注目

枚方市の東部・国見山のふもとに位置する津田サイエンスヒルズ。枚方を一望できる公園などが整備され、豊かな自然と調和した美しい街並みが広がるこの丘は、国家プロジェクトである「関西文化学術研究都市」として地元枚方市や大阪府、関係団体などが協力して企業誘致を行い、「オンリーワンものづくり」を自負される多種多様な企業が進出されています。大阪北部における革新的ものづくりクラスターとして大きな評価を受け、文化・学術・研究・産業の振興と発展を目指し、21世紀のモデル都市として注目を集めています。
大阪・京都から津田サイエンスヒルズへ約25分でアクセスできる第二京阪道路とリンクするスピーディーなアクセス条件。
産官学の拠点値とも素早く連携できる便利さを備えています。
また、エリア内には枚方市や京都市南部が一望できる「空見の丘公園」をはじめとする公園が点在し、憩いの場として近隣の住宅街の方たちからも親しまれています。春には多段花壇に満開の花が咲いて、美しい景観が広がります。
電車・バスでのアクセス

オンリーワン”ものづくりの丘”への進出をお考えの企業様へ

該当拡大図
「津田サイエンスヒルズ」の中でも南奥に位置するエリアに開発面積10,916㎡(約3,302坪)の広大な敷地を確保。自然に近く、高台となる位置に、研修開発施設を共なう製造業及び工場に対応する用地をご用意しました。
2区画(1区画あたり5,458㎡〈1,651坪〉) 資料請求・お問合せ

参画企業様のご案内

株式会社イオンテクノセンター イオンに関する研究や研究開発受託、技術情報の提供
大阪大学大学院工学研究科(自由電子レーザー研究施設) 自由電子レーザーの装置及び、利用技術に関する研究開発
三晶株式会社 食品用添加物、工業薬品の輸出入・並びに国内販売および研究開発
株式会社アスク 精密部品機械加工
株式会社伸和製作所 油圧・ディーゼルエンジン部品 精密機械加工および組み立て
株式会社ブールミッシュ 洋菓子商品開発・製造・販売
吉泉産業株式会社 食品用機械製造・販売
株式会社坂本設計技術開発研究所 自動車用プレス金型の設計・モデリング・NCデータ作成塑性加工技術・
鋳造技術など新産業技術の研究開発
高園産業株式会社 医療機器製造・販売
高園テクノロジー株式会社 調剤薬局・医療機関向け製品などの開発・製造
株式会社清和光学製作所 光学機器開発、光学機器を用いた装置開発
株式会社サワーコーポレーション 表面実装等の精密洗浄装置の製作
株式会社河内金属製作所 精密部品切削加工
香椎化学工業株式会社テクニカルセンター 化粧品・医薬部外品に関する新商品の研究開発と化粧品などの製造
株式会社キタムラ 船舶ディーゼルエンジン部品、各種機械部品製造
日本インバータ株式会社 駆動用インバータ製造・開発
株式会社カナエ技研 回転工具の再研磨機の開発とPCで工作機の制御ソフト開発
植田工業株式会社 自転車部品、弱電部品、及び あらゆる部品のプレス加工、金型設計・制作
坂本精器株式会社 金属パイプ加工、可動式浄水機等の開発・製造
株式会社島川製作所 工業用乾燥機、酸化エチレンガス処理装置等の開発・製造
株式会社枚方技研 精密機械、及び 車両艤装等の設計・製造に係る研究開発
森下仁丹株式会社 大阪テクノセンター 医薬品、医薬部外品、医療機器並びに食品等の商品開発、研究開発
北大阪高等職業技術専門校 ものづくり技術者を育成する府立高等職業技術専門校

基本概要

所在地 大阪府枚方市津田山手2丁目付近
位置 大阪都心部から北東約25km、枚方市中心部から東へ約6km
道路 国道307号に近接(第二京阪道路に隣接)
交通 JR学研都市線「津田」駅より京阪バス「津田サイエンスヒルズ行き」乗車(約6分)
目的 すでに立地しているイオンテクノセンターや大阪大学大学院工学研究科自由電子レーザ研究施設を中心に研究開発施設を共なう製造業及び工場、教育施設、文化施設、研修施設及び研究支援施設の集積を図ることにより、科学技術の発展と産業の振興を目的としています。

津田サイエンスヒルズⅡ地区

事業者 有限会社宗徳(大阪府門真市舟田町17-8)、株式会社エグゼハウジング(大阪市城東区関目5丁目2番13号)
事業位置 大阪府枚方市大字津田4547番13(枚方市中心部から東へ約6km、生駒山系北端部の裾野に広がる丘陵地に位置する。
近傍には、津田サイエンスヒルズ地区が立地するとともに、枚方国際ゴルフ場、緑豊かな里山がある。)
事業規模 約3.86ha(このうち、建築エリアは約1.0ha)
計画区画数 2区画
土地利用規制 市街化調整区域、砂防法、文化財保護法、森林法、都市計画公共下水の区域外
開発申請状況 都市計画法による地区計画により開発を進めており、平成26年6月末に許可予定。
当該開発地区は「市街化区域隣接地域を対象として地区計画を定める場合」の「非住宅系用途」に対応。
建ペイ率 60%
容積率 200%
事業期間 平成26年7月~11月(土木、道路、排水、給水、防火水槽工事等)予定
設備計画 上水道・下水道
電力 関西電力
都市ガス 大阪ガス
電話 西日本電信電話株式会社